AGAを治療する

AGAの治療方法は発毛を促す治療薬と発毛した髪の毛を成長させる育毛剤を同時に使用した治療方法が行なわれます。発毛や育毛の治療薬と聞くと外用薬をイメージする方も多いでしょうが、近年では外用薬と内服薬を効率的に用いたアプローチが行なわれます。外用薬の代表薬にはミノキシジルがあり、毛母細胞を刺激し血流を良くすることで発毛を促していきます。内服薬にはプロペシアがあり、AGAの原因であるDHTの働きを抑え、AGAが発症しない環境に整えていきます。これらは間接的な治療方法であり、必ずしも外服薬や内服薬を使用した治療方法ばかりが用いられるとは限りません。AGAは人によって進行度合いや頭皮の環境は大きく異なります。そのため直接的に頭皮を治療することで発毛を促す方法も存在します。

頭皮に成長因子と呼ばれる発毛を促す栄養素を注入する方法は最も効果が高いとされています。外服薬や内服薬といった間接的なアプローチではなく、直接注入するため効果が分かりやすく、また別の要因による阻害が少ないとされています。成長因子の注入法は元々美容外科で行なわれていたヒアルロン酸注射を応用した施術方法で、注入する成分にはミノキシジル等が挙げられます。同時に良い頭皮環境を維持するために有効なビタミンやミネラルと言った成分も注入することで、発毛に集中させることが可能です。ただしこの方法は男性には有効的ですが、女性の場合は逆に身体的に危険を及ぼすこともあるため注意が必要になります。