種類と違い

AGAは近年解明された男性型脱毛症の事を指します。男性ホルモンの過剰生成が原因になり、女性でも発症する可能性があります。AGAと1言で言ってもその種類はいくつか存在します。種類によって進行度合いもパターンも異なり、A字型とM字型とO字型の3つに分けることが可能です。A字型はどちらかと言うと東洋地域で多いAGAの進行パターンで、前東武から徐々に後頭部に広がっていきます。日本人にも多く、反対から見た時にU字に見えることからU字型とも呼ばれます。M字型はまるでMの文字を型どったようにサイド部分から薄毛が進行し、最後に頭頂部の髪がなくなっていきます。男性の場合サイド部分は刈り上げることも多いため、進行が進まないと気づきにくいという特徴があります。最も初期値医療が見込めないタイプと言われています。O字型は所謂天辺禿を指し、つむじ周辺から次第に外側に広がっていきます。日頃からつむじを確認しているという場合は発見しやすく、逆に普段から髪を意識していないという場合はM字型同様早期発見に遅れてしまいやすいです。

A字型、M字型、O字型の3つのパターンが存在しますが、全て最終的には全ての範囲に広がっていきます。なるべく早めに治療することで薄毛の範囲っを最小限に留めることが出来るのは明らかで、早期発見が大事と言われるのはこのためです。髪が一切無くなってしまってからでは再度発毛させるのは難しく、治療自体も長期化してしまいます。まずはパターンを知って常に髪に対して意識することが大切でしょう。今や誰しもなる可能性があるAGAだけに知識を身につけることは大切言えるでしょう。