AGAとは一体

薄毛に対して悩んでいるという方は非常に多く存在しています。特に男性の場合は男性ホルモンによる影響のせいで、男性型脱毛症(AGA)と呼ばれる症状で薄毛になってしまうことがあります。AGAは基本的に年齢に関係なく発症すると言われており、若い世代でもAGAによる薄毛に悩んでいる方もいます。以前まではその症状やメカニズムがハッキリとしていなかったために治療も困難を極めることが多かったですが、近年ではメカニズムの解明と、効果的な医薬品の登場により治療することが出来るようになっています。AGAに限らず一度薄毛になってしまうとそれを元に戻すまでには時間がかかります。髪の生え変わりの周期は数年かかるというのが一般的であり、なるべく早めに治療を開始するのが大切になってきます。

AGAは男性ホルモンの過剰生成によって発症することがわかっていますが、男性だけに限ったものではありません。というのも名前こそ男性と付いていますが、女性にも男性ホルモンは存在します。もちろん男性にも女性ホルモンは少なからず存在しています。女性の場合は更年期を過ぎ、女性ホルモンが少なくなってくると相対的に男性ホルモンが多くなり、AGAを発症してしまうことがあります。女性だからと関係ないと考えるのではなく、薄毛の原因の1つであるという認識が大切になってくるでしょう。女性の場合もAGAは治療することができ、早めの治療とホルモンバランスの徹底をすることで効果的に薄毛を予防することも可能です。